OPP袋について


OPP袋というは透明袋のことで、他にもビニール封筒やフィルム封筒として呼ばれている透明の袋のことです。

OPP袋などと呼ぶとそれが何か分からないことでしょうが、ほとんどの人が日常的に触れているものです。

OPP袋は、材料になるポリプロピレンを縦横方向に延伸して、透明なフィルム状にしたもので、フィルム自体は延伸してあるので強度があって引っ張ってもほとんど伸びないという特徴があります。

OPP袋のデメリットは、フィルムの接合箇所が性質上裂けやすくなっているところです。


関連記事
OPP袋・OPP封筒を激安販売
A4・OPP袋/OPP封筒の製造メーカー


郵便封筒としてもOPP袋が利用される


OPP袋が登場する前は、郵便物は紙の封筒に入れて送るのが当たり前でしたが、現在では郵便封筒としてもOPP袋が利用されるようになっていて、ほとんどの人が受け取ったことがあるダイレクトメールには、OPP袋が利用されています。

他にもカタログをOPP袋に入れて顧客や新規のお客さんに発送している会社が最近ではかなり増えていて、ダイレクトメールやカタログなどをOPP袋に入れるのは、紙の封筒に比べてすぐに中身を認識してもらえるからという理由が大きいと言われています。

透明の封筒であるOPP袋はいろいろな用途に使用されていて、DVDやCDのジャケットとして、日本だけではなく世界中で活躍しています。


商品を見せながら販売する


OPP袋は耐水性があるところも大きなメリットで、万一雨や水などに濡れても、中身を濡らすことなく、さらにOPP袋自体も再びそのまま使用できるところも紙製の封筒よりも優れている点と言えるでしょう。

またOPP袋は商品を見せながら販売することができ、販売しながら商品を保護できるところもその大きな特徴となっています。

袋の上から触られたとしても紙とは違ってしわになりにくく、消費者に商品が届くまで新品のままのキレイな状態を保つことができます。

OPP袋は紙に比べて値段もかなり安く、紙の封筒よりも送料も安くすむのが大きなメリットです。

そのため郵便物が多い会社などにとっては、郵送コストを大幅に削減できるメリットもあります。

またOPP袋は焼却時に有害なダイオキシンも発生させないため、環境問題に注目する企業が多くなっている中では、今後もOPP袋を紙製の封筒に代わり使用する人たちが多くなることは間違いないでしょう。


INFORMATION

2016-01-10
OPP袋とCPP袋の防水性と防湿性について
2016-01-03
OPP袋について
2015-12-25
紙封筒の代わりに
2015-12-20
OPP封筒の未来は
2015-12-14
OPP袋の特徴
2015-12-11
OPP袋とCPP袋
2015-12-08
OPP袋を安く購入するには
ページのトップへ戻る